学生スタッフの図書館って便利だ!

『世界がもし100人の村だったら』

2021年07月30日   学生スタッフおすすめの本

こんにちは!
勤労奨学生のゆずです。

今日は、私たちが生きている世界のことについて考える
きっかけになるであろう一冊を紹介します。

この本は、約63億人*が暮らしているこの世界を
“100人の村”で例えています。(*出版当時の人口)

文中では、

「100人のうち20人は十分に栄養を取ることができていない」

という事実があると述べられています。
普通に生活をしていて感じる機会はそう無いと思います。


私はこの本を読んで、
どんな人たちが同じ時間を生きているのか、
自分がどれだけ恵まれた環境にいるのか、
感覚として捉えることができました。

世界の問題は難しいイメージがありますが
この本は端的な表現で分かりやすく、
とても説得力がある本です。

ぜひ考えるきっかけに。
手に取ってみてはいかがでしょうか。


『世界がもし100人の村だったら』
出版社: マガジンハウス
著者: 池田香代子再話 ; C. ダグラス・ラミス対訳
出版年: 2001年12月
配架場所: 日野図書館  (B1F);一般書架
請求記号: 304||Se22||1

メリアン*ゆず (教育学部4年)

図書館の学生スタッフ(Meisei Student Librarian 略してメリアン)が
定期的におすすめ本の紹介をしています。

(書影の掲載には紀伊國屋書店様のご協力を得ています。)

2021年7月おすすめの新書

2021年07月21日   教職員(star books)おすすめの本

2021年7月おすすめの新書をご紹介します。

 各資料の黒太字部分をクリックすると、
 図書館所蔵情報の詳細をご覧いただけます。

 

『スマホ脳 』
出版者:新潮社
著者名:アンデシュ・ハンセン著 ; 久山葉子訳
発行年:2020年11月
配架場所:日野図書館  (2F);文庫・新書
請求記号:SS||||882

 

 

『人新世の「資本論」』
出版者:集英社
著者名:斎藤幸平
発行年:2020年9月
配架場所:日野図書館  (2F);文庫・新書
請求記号:SHS||||1035

 

 

『デジタル化する新興国 : 先進国を超えるか、監視社会の到来か』
出版者:中央公論新社
著者名:伊藤亜聖
発行年:2020年10月
配架場所:日野図書館 (2F);文庫・新書
請求記号:CS||||2612

 

 

『マンガ認知症』
出版者:筑摩書房
著者名:ニコ・ニコルソン, 佐藤眞一
発行年:2020年6月
配架場所:日野図書館 (2F);文庫・新書
請求記号:CKS||||1500

 

 

『交渉力 : 結果が変わる伝え方・考え方』
出版者:PHP研究所
著者名:橋下徹
発行年:2020年3月
配架場所:日野図書館 (2F);文庫・新書
請求記号:PS||||1220

 

 

『コロナ後の世界』
出版者:文藝春秋
著者名:ジャレド・ダイアモンド [ほか著] ; 大野和基編
発行年:2020年7月
配架場所:日野図書館 (2F);文庫・新書
請求記号:BS||||1271


※書影の掲載には紀伊国屋書店様のご協力を得ています。

【2021年度】8・9月の図書館利用について

開館時間

明星大学図書館(28号館)

  • 月~金曜       8:30~20:00(8月10日~9月9日は8:30~17:00)
  • 土曜         8:30~17:00
  • 日曜祝日    休館 

資料図書館(15号館)

8月1日~9月9日まで、平日の資料図書館の開館日を変更します。
資料の出納についてはこちらをご確認ください。

  • 月・水・金    :開館(9:00~17:00)
  •  火・木・土・日祝:休館     

※8月11日(水)、8月13日(金)は休館します。
※9月10日以降は土・日曜祝日が休館日です。

その他、臨時休館となる場合があります。
開館時間、休館日は図書館サイトの開館カレンダーをご確認ください。

入館および閲覧

以下の方は入館と資料の閲覧が可能です。

  • 本学の学生
  • 本学の教職員

注意事項

  • 館内では、マスク着用してください。
  • 館内では会話は控えてください。
  • グループ学習室は利用できません。
  • ソーシャルディスタンスを確保するため、閲覧席やパソコン席は1つおきに空けて着席していただきます。使用禁止の席には着席しないで下さい。
  • 新型コロナウイルス感染防止のために、本学が定める「新型コロナウイルス感染防止のための学生の行動指針」に沿って行動するようにしてください。

郵送による図書館資料の利用

本学の学生(通信教育部を除く)は郵送での資料の貸出と文献の取寄せができます。対象者や利用方法など、詳しくは下記からご覧ください。

郵送での図書館資料の貸出
他大学等から取り寄せた文献のご自宅等への郵送

学外の方、卒業生、育星会会員のご利用は休止させていただきます

卒業生、育星会会員、および学外の方の見学を含む入館と資料のご利用は休止させていただきます。皆様と学生の感染を防止し健康を維持するため、ご理解と協力をどうぞよろしくお願いいたします。
詳しい対象者、期間はこちらをご覧ください

その他の制限事項

  • 紹介状の発行は、現状では依頼先への負担が大きいことから当面のあいだ休止させていただきます。

『朝が来る』

2021年07月02日   学生スタッフおすすめの本


こんにちは。
図書館勤労奨学生のまおです。

今回は、2020年に映画化もされた、
辻村深月さんの『朝が来る』という小説を紹介します。


「子どもを、返してほしいんです」


この物語はそんな一本の電話から始まります。

中学生で妊娠・出産をし、それを機に
人生が崩れ落ちていく幼い生みの親。

辛い不妊治療の末に、
特別養子縁組により子どもを迎え入れた育ての両親。

若年妊娠や若さゆえの無知、両親から押し付けられる「普通」。

長いトンネルのような不妊治療、養子縁組など、
それぞれの苦悩がそれぞれの目線でリアルに描かれています。

私は、若くして妊娠をした幼い生みの親の方に
年齢が近いこともあり、
彼女の苦悩や突きつけられる現実に
とても胸を締め付けられました。

親の世代になったときに、また読み返してみたいと思います。


単なるミステリー小説ではなく、
様々な社会問題や家族の在り方について考えさせられる一冊です。

ぜひ読んでみてください。


『朝が来る』
出版社:文藝春秋
著者:辻村深月
出版年:2015年6月
配架場所:日野図書館  自動化書庫
請求記号:913.6||Ts44

メリアン*まお(教育学部3年)

図書館の学生スタッフ(Meisei Student Librarian 略してメリアン)が
定期的におすすめ本の紹介をしています。

(書影の掲載には紀伊國屋書店様のご協力を得ています。)

このページの先頭へ戻る