学生スタッフの図書館って便利だ!

『熱海の奇跡 ―いかにして活気を取り戻したのか―』

2021年09月08日   学生スタッフおすすめの本

こんにちは!
学生スタッフのゆずです!

今日は、私が大好きな観光地
「熱海」について書かれている本を紹介します。

熱海といったらどんなイメージがありますか?
温泉?海辺の花火大会?熱海プリン?

実は、そんな熱海にも
観光地として成り立たなくなった時期があるそうです。

1990年代に入りバブルが崩壊すると、
高齢化や保養所の閉鎖、団体旅行の減少等、
熱海の街は急速に衰退していきました。

しかし、ビジネスの手法を使って街づくりを!と、
熱海という街を再生するために立ち上がった人たちがいます。

民間が利益をあげてこそ持続可能な街づくりになる、
と考え、シャッター街だった通りに
「家でも職場でもない居場所を」とカフェがオープンしたり。

「リノベーション街づくり」として、空き店舗を新しい使い方で
活用してくれる人を探すプロジェクトも行われました。

暮らしが便利になったり、サービスが発展することで
失われるものもあります。

この本を読んだら、もっと熱海が好きになりますよ!
ぜひ手に取ってみてください!


『熱海の奇跡 ―いかにして活気を取り戻したのか―』
出版社: 東洋経済新報社
著者: 市来広一郎
出版年: 2018年
配架場所: 日野図書館  電子ブック
 電子書籍の閲覧はこちらから
 ※ページ内、下部の参照URLをクリック


メリアン*ゆず (教育学部4年)
図書館の学生スタッフ(Meisei Student Librarian 略してメリアン)が
定期的におすすめ本の紹介をしています。

(書影の掲載には紀伊國屋書店様のご協力を得ています。)

 

【閲覧方法】
学外からの閲覧は「学認」の認証が必要です。
ログインを求められたら学内のネットワークにアクセスする
IDとパスワードを入力してください。
「学認」のログイン情報はこちらからご覧ください。

【注意事項】
ここでご紹介している電子書籍は学内者専用のサービスです。
学外の方はご利用いただけません。「書籍を閲覧できません」と
表示された場合は、他の人が閲覧しています。
時間を置いてから再度アクセスをしてください。

このページの先頭へ戻る