学生スタッフの図書館って便利だ!

『マンガでわかる物理. 光・音・波編』

2021年05月24日   教職員(star books)おすすめの本


こんにちは。
図書館勤労奨学生のオノです。

私たちの生活の中には、たくさんの光や音で
溢れています。

しかし光や音という現象を、学校で物理の授業として
学ぶとなると、難しくて苦手な方もいるのではないでしょうか?

光、音はとても身近な現象です。
光も音も波の一種なので、
まず波の基本的性質を理解しておく必要があります。

波の運動をイメージすることはできますか。

空間に広がった波が
時間とともにどう変化していくかを
思い描くことはできますか。

そこでマンガの出番です。

この本では、波のように複雑な運動でも
わかりやすい表現で理解することができます。

文章を読むことが苦手な人でも楽に読めます。
また、説明が簡潔で図もたくさんあり大変分かりやすいです。

身近な物理を知ることで、自分の関心に広がりが持てます。
知識があることで、自分の生活が豊かになる
きっかけとなるのではないかと思います。

ぜひ読んでみてください。

 

『マンガでわかる物理. 光・音・波編』
著者名: 新田英雄著、深森あき作画、トレンド・プロ制作
出版社: オーム社
出版年: 2015年
電子書籍の閲覧はこちらから
 ※ページ内、下部の参照URLをクリック

 

メリアン*オノ(人文学部3年)

図書館の学生スタッフ(Meisei Student Librarian 略して
メリアン)が定期的におすすめ本の紹介をしています。

 

【閲覧方法】
学外からの閲覧は「学認」の認証が必要です。
ログインを求められたら学内のネットワークにアクセスする
IDとパスワードを入力してください。
「学認」のログイン情報はこちらからご覧ください。


【注意事項】
ここでご紹介している電子書籍は学内者専用のサービスです。
学外の方はご利用いただけません。「書籍を閲覧できません」と
表示された場合は、他の人が閲覧しています。
時間を置いてから再度アクセスをしてください。


(書影の掲載には紀伊國屋書店様のご協力を得ています。)

『じょうずな勉強法 ―こうすれば好きになる―』

こんにちは。
図書館勤労奨学生のゆずです。

皆さんは楽しんで勉強をしていますか。
私は一般入試で大学受験を受けたので
高校3年生の時は毎日机に向かっていたなぁと
思い出すこの頃です。

今日は、あなたの勉強が
もっと楽しくなるかもしれない一冊を紹介します。

この本は中高生向けの心理学入門書
「心理学ジュニアライブラリ」の一冊ですが、
大学生の私にも、考えを変えてくれるような情報が詰まっています。

 

文中で印象に残った作者のメッセージがあります。

 

あなたは「間違うこと」についてどう思いますか。

間違ったら「シメた!」です。

このように考えられるようになることが


勉強を楽しく行う大切なコツでもあるのです。


作者は文中で多くの例題を挙げ、
読者に実際にどう思うかを考えさせてくれます。
受け身で読むというよりは能動的に読むことができる1冊です。

私も自分の過去の勉強法を思い出してみました。
自分のやり方が間違っていたというわけではないにしても
「この本に出会っていたらもっと上達してたかも・・・。」
と、思ってしまうような内容でした。

そして何より、言葉や考え方が分かりやすくて
普段本を読まない人でも苦ではない一冊だと思います。


今勉強をしている人、また試験を控えている人に、
ぜひ読んでほしい一冊です!


『じょうずな勉強法 ―こうすれば好きになる―』
出版社: 北大路書房
著者: 麻柄啓一
出版年: 2002年
配架場所: 日野図書館  電子ブック
電子書籍の閲覧はこちらから
 ※ページ内、下部の参照URLをクリック

メリアン:ゆず (教育学部4年)

図書館の学生スタッフ(Meisei Student Librarian 略して
メリアン)が定期的におすすめ本の紹介をしています。

 


【閲覧方法】
学外からの閲覧は「学認」の認証が必要です。
ログインを求められたら学内のネットワークにアクセスする
IDとパスワードを入力してください。
「学認」のログイン情報はこちらからご覧ください。

【注意事項】
ここでご紹介している電子書籍は学内者専用のサービスです。
学外の方はご利用いただけません。「書籍を閲覧できません」と
表示された場合は、他の人が閲覧しています。
 時間を置いてから再度アクセスをしてください。

 

(書影の掲載には紀伊國屋書店様のご協力を得ています。)

このページの先頭へ戻る