学生スタッフの図書館って便利だ!

『夜行観覧車』

2021年2月8日   学生スタッフおすすめの本



こんにちは!勤労奨学生のあすかです。

皆さんは「家族」についてどう考えていますか。

この作品は、結末が予想できない
衝撃の「家族小説」となっています。
『告白』の作者である、湊かなえさんの作品です。

私がこの作品を読んだきっかけは
テレビドラマでした。
ハラハラ・ドキドキさせてくれる
ストーリーとなっています。


私はこの作品の中で
胸を打たれたシーンがあります。

とある子供が、


「唯一、自分からやってみたいと思ったものだった。

 それを辞めるということは、

 意思を持たない人間になるのと同じだ。」


 という言葉を漏らすのです。

意思を持たない人間とは・・・。

不自由のない生活をしているように見えて
その中はその生活の中にいる人間でないと分からない
ということが、胸にしみました。

この作品を読んで、現実に有り得る家族の問題を
さまざまな視点で考えることができました。

テーマが「家族」ということもあって、
作中の事件も身近なことのように感じました。

高級住宅街で起きた悲惨な事件のお話しですが、
これは誰にでも起こりうる話なのではないのでしょうか。

ぜひ手に取ってみてください。

 

『夜行観覧車』
出版者:双葉社
著者:湊かなえ
出版年:2010年6月
配架場所:28号館図書館 自動化書庫
請求番号:913.6||Mi39

 

メリアン*あすか(教育学部2年)

図書館の学生スタッフ(Meisei Student Librarian 略してメリアン)
が定期的におすすめの本を紹介しています。

 

(書影の掲載には紀伊國屋書店様のご協力を得ています。)

このページの先頭へ戻る