学生スタッフの図書館って便利だ!

『素敵な日本人 : 東野圭吾短編集』

2021年3月16日   学生スタッフおすすめの本

こんにちは。
勤労奨学生のオノです。

突然ですが、皆さんは無性に
ミステリー小説が読みたくなる時はありますか。

私は無性にミステリー小説が読みたい!
と思うときがあります。

でも、読みたくなるときに限って
なかなか時間が取れなかったりしますよね。
そこで、少しずつ読めるこの短編集をおすすめします。

東野圭吾の『素敵な日本人: 東野圭吾短編集』は、
お正月や雛祭りなど、
四季折々の行事を題材にした短編集です。

私のお気に入りは、最後のストーリー「水晶の数珠」です。
不思議な能力がある水晶とは?
父が息子に残した遺言状の内容とは?

素直に感動してしまいました。

コロナ禍で人に会わない毎日が続く中で、
改めて人を信じたいという気持ちが
込み上げてきました。

一度読み始めると、
物語の中に引き込まれる作品ばかりです。

短編集だからこそ、
隙間時間に一編読むでも良いし、
読む順番を変えたり季節に合わせて
作品を楽しむのも面白いなと思います。

ぜひ手にとってみてください!


出版社:光文社
著者名:東野圭吾
出版年:2017年4月
配架場所:日野図書館  自動化書庫
請求番号:913.6||H55

メリアン*オノ(人文学部2年)


図書館の学生スタッフ(Meisei Student Librarian 略してメリアン)が
定期的におすすめ本の紹介をしています。

 

(書影の掲載には紀伊國屋書店様のご協力を得ています。)

このページの先頭へ戻る