学生スタッフの図書館って便利だ!

『西の魔女が死んだ』

2021年6月15日   学生スタッフおすすめの本

こんにちは。
勤労奨学生のまおです。

今回は、私が本を好きになったきっかけの一冊を紹介します。

物語の主人公まいは、中学に入って間もなく、
学校で自分の居場所を見つけられず不登校になってしまいます。

そんなまいは、「西の魔女」こと、まいのおばあちゃんのもとで、
自分で決めることの大切さを学びます。


「自分が楽に生きられる場所を求めたからといって、

 後ろめたく思う必要はありませんよ。

 サボテンは水の中に生える必要はないし、

 蓮の花は空中では咲かない。

 シロクマがハワイより北極で生きるほうを選んだからといって、

 だれがシロクマを責めますか。」




私が一番好きなおばあちゃんの言葉です。

周りに流されて無理に合わせるのではなく、
自分の気持ちや生き方、そして幸せは自分で決める。

とても難しいことですが、とても大切なことだと思います。
そんなことに改めて気付かされます。


景色が浮かび上がるほどに情景描写がとても美しい一冊ですが、
それだけでなく、おばあちゃんの言葉一つ一つに愛を感じ、
とても優しく、そして温かくなれる一冊です。

ぜひ、読んでみてください。


『西の魔女が死んだ』
出版社:新潮社
著者:梨木香歩
出版年:2001.8
配架場所:日野図書館  自動化書庫
請求記号:S||N

メリアン*まお(教育学部3年)

図書館の学生スタッフ(Meisei Student Librarian 略してメリアン)が
定期的におすすめ本の紹介をしています。

(書影の掲載には紀伊國屋書店様のご協力を得ています。)

このページの先頭へ戻る