学生スタッフの図書館って便利だ!

小泉八雲記念館のご紹介

2020年8月19日   企画展「小泉八雲」

こんにちは。

明星大学図書館のUです。

今回は小泉八雲展を開催するにあたって
多くの資料のご提供をいただくなど、多大なご協力をいただきました
「小泉八雲記念館」をご紹介いたします。


小泉八雲記念館外観

小泉八雲記念館は島根県松江市に1934年に開館し、今年で開館86年目を迎えました。(現在の建物は2016年にリニューアルオープンしました)
同館では小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)という多面的な作家の情報を、遺愛品展示や解説を通して紹介しています。

 

 


小泉八雲記念館館内展示

 

八雲と松江に縁ができたのは1890年、彼が英語教師として松江にある
島根県尋常中学校、師範学校に赴任したことに始まります。
文明開化が進んでいた当時の日本にあって、松江はまだ古い建物や風俗が残る土地であり、人情も厚い町でした。またこのころ、この松江の地で後に妻となるセツと出会います。
(ちなみに8月は八雲が松江に赴任した月です)

 

小泉八雲記念館では2020年6月27日より2021年6月6日までの約1年間、
企画展「小泉八雲、妖怪へのまなざし」
を開催しています。
現在、全国的に新型コロナウィルス感染拡大のため観光自体が自粛傾向にはありますが、終息後には同館を訪れてみてはいかがでしょうか。


現在開催中の企画展「小泉八雲、妖怪へのまなざし」

なお、小泉八雲記念館のお隣には、セツと生活を共にした
旧居があり、現在は国指定の史跡となっています。
こちらもぜひ、訪れてみてください。

 
小泉八雲旧居外観

 

開館日等の詳細については、下記URLを参照の上、
直接、小泉八雲記念館にお問い合わせください。

小泉八雲記念館
https://www.hearn-museum-matsue.jp/

※今回、掲載した画像は全て小泉八雲記念館よりご提供いただきました。

 

このページの先頭へ戻る