学生スタッフの図書館って便利だ!

『本屋さんのダイアナ』

2021年11月3日   学生スタッフおすすめの本

こんにちは!
勤労奨学生のゆずです。
今日は、私が中学生の時に出会った『本屋さんのダイアナ』
という本を紹介します。

育った環境も性格も全く異なる女子、彩子とダイアナ。
しかし「本が大好き」という共通点から仲良くなり、
いつしか本音で何でも言える関係となります。

ずっと親友でいると思っていた2人ですが、
進学を控えた時期に1つの事件が起こります。
小学生から大人になるまでの2人の十数年間を綴った
友情ストーリーです。

私が物語で印象に残った言葉を紹介します。

「うちはバカだけどそれがうちの個性じゃん。
 ダイアナと二人で誰にも迷惑かけずに生きているだけで、
 十分うち、がんばってるもん。
 うちはうちじゃん。オンリーワンじゃん」


自分は自分。オンリーワン。
そう言える強さを持った大人って魅力的だと思うんです。

かつて読んだことのある人でも、
大学生になった今、また読んでみることをおすすめします。

お互いの違いに憧れ合う2人が素敵な物語です。

『本屋さんのダイアナ』
出版社: 新潮社
著者:柚木麻子
出版年: 2014年4月
配架場所: 日野図書館  (B1F);一般書架
請求記号: 913.6||Y99


勤労奨学生*ゆず (教育学部4年)

(書影の掲載には紀伊國屋書店様のご協力を得ています。)

このページの先頭へ戻る