学生スタッフの図書館って便利だ!

『パンケーキの歴史物語』

2020年1月21日   学生スタッフのおすすめ


こんにちは。


みなさんは「パンケーキ」と聞いてどんなものを思い浮かべますか?
フルーツがのっていて豪華なもの、甘いクリームがたくさんかかっているもの、
朝ごはんにもぴったりな素朴なもの・・・


いろいろな種類があって、考えるだけでおなかがすいてしまいます。


“パンケーキは子供のころから食べ続けてきたなつかしの味であり、
祝祭の食べ物でもある。
持ち運びが簡単で、いつでも簡単に食べられる
ストリートフードという側面もある。
栄養価が高く、食べ出があるので、労働者の食事にもなる。
驚くべきことに、高級料理にもなる。”


本書の中にもこのように書かれています。
そんな変幻自在なパンケーキ、実は意外に奥深い歴史があるそうです!


最初のパンケーキは、野生の穀物やジャガイモなどの塊茎植物を乾燥させ、
細かく砕いて水分を足し、それを石の表面などで焼いたものだったそうです。


その後、小麦粉やトウモロコシの栽培が始まり、
様々な形のパンケーキが生まれたそうです。

また、本の末尾にはレシピも載っています!
マッツァー・ブライやケンタッキー・ダービー・パンケーキ、
チリ・コーン・パンケーキ…さらにはお好み焼きまで!

パンケーキについての知識だけでなく、レシピまでも知れてしまう一冊。


ぜひ読んでみてください!!

『パンケーキの歴史物語』
出版社:原書房
著 者:関根光宏
出版年:2013年9月
配架場所:日野図書館(B1F);一般書架
請求番号:383.8||A41


メリアン*まお(教育学部1年)

図書館の学生スタッフ(Meisei Student Librarian略してメリアン)が
定期的におすすめ本の紹介をしています

(書籍の掲載には紀伊国屋書店様のご協力を得ています)

このページの先頭へ戻る